スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CNCフライス導入 X6-1500GT

x61500gt_1.jpg
↑これ、買いました。
いわゆる中華CNCってやつです。

3Dプリンタも考えたんですが、Form1とかの光造形タイプじゃないと、正直使い物にならないと思うんですよね。
そのForm1は現在、日本向けには販売していないようです。
ローランドがこのタイプの3Dプリンタを参考出展していたらしいので、後のサポートの事を考えるとこちらに期待かなー?
お値段によりますが・・・

このX6-1500GTという機種、580X380mmの広い工作範囲で、標準でボールスクリュー装備です。
オプションの4軸も付けて約23万円です。
他に送料3万円と関税4000円程かかりますが、それを含めても最初考えていた国内某メーカー品の半額近いお値段。

支払いは日本からだとクレジットカードが使えないみたいなので、PayPalで。
海外送金とか使うといくらか割り引きになるようなんですが、よくわかりませんのでやめました。

実は4月の初旬には届いていたんですが、いろいろありましてねぇ・・・

IMG_1338.jpg
トラブルその1!
角にダメージ!

こちらは運送会社の補償で100ドル返金となりました。
パーツの交換をお願いしたんですが、無理との事でしたので。
機能的には問題はないんですけどねぇ・・・

IMG_1384.jpg
トラブルその2!
組み立て不能!笑

こちらの製品、半完成品で送られてくるので組み立てが必要なんですが、部品がうまくはまらないのですよ・・・

IMG_1382.jpg
調べてみたらフレームが曲がってる!
こちらはメーカーからこの部分だけ、パーツを送ってもらいました。

運送会社は日本語でOKですけど、メーカーとのやりとりは英語です。
自分も英語は出来ないので、Google翻訳で対処しました。
やればなんとかなるもんです 笑

昨日無事組み立てを終え、動作確認も出来ました。
よかったよかった。

と、色々ありましたが、サポートはちゃんとやっていただきましたので、お安いCNCご希望の方にはオススメかな?
もちろん購入は自己責任でお願いしますね。

この種の機械はモデラをちょっと触ったくらいの初心者なので、Mach3とか勉強しないといけません。
あと3DCADとかCAMも・・・

前途多難ですが、何事も始めなければ始まらない!って事で、チャレンジしていこうかと思います 笑
スポンサーサイト
[ 2014/05/12 01:17 ] 工具と素材 | TB(0) | CM(6)

BMCタガネホルダー

IMG_0173.jpg

スジボリ堂からBMCタガネ用のホルダーが発売になりましたので早速購入しました。

柄の部分が長くなって力が入れやすくなり、操作性も向上です。

キャップも付いているので保管もしやすくなります。

また、柄の部分の六角の面と、タガネの刃先の面が一致するように工夫されてるので、握る時の位置決めがしやすいです。

ただ、余計な力をかけてタガネを折ってしまわないよう、力加減が必要ですね。

値段もお安めなのでオススメです!
[ 2013/03/16 14:24 ] 工具と素材 | TB(0) | CM(0)

ニッパー買い替え

R0012997.jpg

長年使ってきたタミヤのニッパー。

汚いもん見せてすんません 笑

学生時代から使っていたので、もう20数年モノです。

もうだいぶ切れ味は落ちてると思うのですが、ぶっちゃけランナーからパーツを切り出すのにはまったく問題なく使えてます。

が、気分転換に?

R0012991.jpg

グッスマの極薄刃ニッパーとピンセットペンチを購入。
ピンセットペンチが目当てだったのですが、ついでにニッパーも買っちゃいました。

試し切りしてみたら、当たり前ですが切れ味が全然違う!

特に細いパーツを切り離すときに安心感があります。

これは買ってよかった!



GSRモデラーズサポートシリーズ 匠TOOLS 極薄刃ニッパーGSRモデラーズサポートシリーズ 匠TOOLS 極薄刃ニッパー
(2011/12/28)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る
[ 2012/01/17 17:18 ] 工具と素材 | TB(0) | CM(0)

スジボリ堂 磨き用品2種

R0012688.jpg

スジボリ堂さんからよさげな新製品の案内メールが来たので、光の速さで発注しました 笑

マイクロポリッシャーとガラスブライトです。

マイクロポリッシャーはリューター等に取り付け、コンパウンドを付けて磨く工具です。
実車でもボディを磨くのに電動工具でバフがけしますが、あれと同じイメージですね。

実は以前同じ事をやろうとして、先端にバフがついているビットをリューターに付けてコンパウンドがけした事があるのですが、一瞬で塗膜が削り取られました 笑

模型の研ぎ出しに使うには荒すぎたようです。

今回の製品は先端がスポンジ状の柔らかい素材で出来てます。


ガラスブライトは最後の仕上げに使うコーティング剤です。

ワックスとは違うようで、これまた実車の「1年間洗車不要!」みたいなコーティング剤のような物かな?と勝手に想像してます。


研ぎ出しは時間がかかり根気がいりますが、これで制作時間の短縮を期待してます。
[ 2011/12/02 13:26 ] 工具と素材 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。